自費出版と商業出版の違い

現在、書店に並んでいる書籍のほとんどが、「商業出版」と呼ばれる形で刊行・流通されているものです。
自費出版という言葉は、この商業出版の対概念、商業出版に続く新たな出版の潮流としてあります。

「自費」出版とあるように、費用の負担において商業出版と異なっています。
なお「費用の自己負担」を自費という言葉は意味しています。
費用を自己負担した書籍の著作権と出版権は原則、作者に帰します。

商業出版では、出版社は著作権を作者から借り受け、出版を行います。
著作権利用料として、売り上げの一部が作者に還元されます。著作権使用料は印税という呼ばれ方のほうが一般的かもしれません。

自費出版では、すべての費用を自己負担しているということで、著作権・出版権ともに作者にあり、著作物の販売や流通においても、自費出版を行う出版社は、それらを「代行」する形となりますので、その方針や範囲の決定などは、権利者である作者の意向に従う必要があります。
全国的に自費出版物の販売を行う場合、自費出版の出版社が書籍を流通に乗せて代行するということになり、取次などを介すことをしません。返本は出版社が所有することは原則できず、著作者の財産としてすべて返却する必要があります。

もし、思い出や記念ではなく、たくさん売り上げてお金を手にいれるための自費出版という選択肢であれば、そこは長所・短所様々異なります。

売り上げ利益還元率がまず、大幅に異なっています。商業出版物の著作権使用料は10%が通例となっています。しかし、商業出版の方が、置ける書店の数などからして、おそらく売り上げ点数は期待できるだろう、と予測されます。もちろん一般的な傾向ですので、これを超える事件的な出版物が登場することもあります。

ともかく、自費出版を考えている場合、そのメリット・デメリットを客観的に検討することが求められます。