自費出版会社選びのポイント

「自費出版 会社」と検索してみてください。
無数の検索結果が出てくると思います。

その中には、出版社のウェブサイトだけでなく、特定の出版社の評判や、実際に自費出版をしてみて、という体験談もあります。
評判や口コミは、「こんなによくしてもらった」というものから、「対応が最悪だった、自費出版なんてしなければよかった」という悪評まで、様々です。
悪い口コミを目にすると、詐欺まがいの高額請求をする業者がまだまだ駆逐されていないのだな、と残念に思います。

しかし、口コミや評判には当然、とても好意的な評価もたくさんありますよね。
誠実な業者を選んで、スムーズにことを運べば、納得のいく書籍が出来上がり、満足できる流通をしてもらえて、結果、最高の経験になる。
好意的な評判は、そんな実証例だと考えてみませんか?
もちろん口コミというのは全てを鵜呑みにするのは危険なため、一概にそうとは言い切れないのが現状ですが。

自費出版において、最も重要なのが「出版社選び」です。

作者・依頼者は、費用を自己負担することで、書籍化や流通などの自分でできない部分を委託することになりますので、原稿をあげ、デザインを決めて以降は、基本的に業者任せとなります。さらに、製品化の過程でも、じっくりと親身に付き合ってくれるところと、スピードと点数を重視しているところで異なりますよね。

納品までのスピードを売りにしている業者。
装丁の技術において自信のある業者。
出版業界に太いパイプを持っていて、書籍を売り上げることに一番の実力を発揮する会社。

各社、得意とするポイントが異なり、また、全てをうまくこなす業者を見つけるというのは至難の技です。

理想の業者と出会うための第一歩は、「どのような本を、どのように」出版したいのか、という自意識を固めることです。
「この宣伝オプションをつければ売り上げアップが見込めて、ちょっとした収入になりますよ」という営業を受けた時に、即座に断りますか? 話を聞いてみますか?
行き当たりばったりの判断を避けるためにも、まずは自分の希望を自分で理解して、大まかなプランを立てておき、それの実現に最適な業者を見つけられるように準備しましょう。