書店流通をするのなら

自費出版のイメージとして一般的なのが、「思い出づくり」「家族へのプレゼント」といった穏やかな、優しいものかもしれません。
そうした目的で出版されるものは印刷数も小規模で、特定の人たちに配っておしまい、というものが多いでしょう。

他方で、「どこの商業出版社も出版してくれなかったが、この小説は絶対売れる!」という熱意を持って、全国流通前提の小説原稿を持ち込むお客さんもいることでしょう。
このようなケースでは、自費出版社は、製本までを担当し、作者に納品しておしまい、とはいきません。本が出来上がった後の宣伝や営業、流通を代行してもらうことになるでしょう。

そして、書籍の製作にかかる費用の他、流通の経費を支払う必要があります。
これは大きな出費ではありますが、流通をさせる目的は、広く知ってもらうということと合わせて、より多くの点数を販売して売り上げをあげることにあります。なので、プラン通りに運べば、十分回収できるものだと、そう捉えるべきかもしれません。業者によって異なりますが、全国紙への広告掲載などを行なってくれるところもあり、大きな宣伝効果が期待できるかもしれません。この場合、自費出版業社出あっても、流通仲介業者である「取次」を会する流通経路を提供するところがあります。自分の本を、商業出版物と同様の経路で流通させることになりますので、支給額は増えますが、売り上げもアップする可能性が高くなると思われます。

もし自費出版業社が本の内容を読んで、これは大きな売り上げが期待できると判断した場合、費用を業者が負担して出版を行う「企画出版」という提案をすることがありかもしれません。
完全自費出版ではなくなるのですが、そのようなフォーマットにした方が良い、と判断できる場合には、耳を傾けてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です