印刷方式の区分について

印刷方式は版の遠いによって分類されます。まず「版」とは、印刷インクをのせて紙などに転写するためのもので、版にはインクの「つく部分」と「つかない部分」とがあります。インクのつく部分を画線部、つかない部分を非 画線部といいます。この二つの部分の断面の形状によって、凸版、凹 版、平版、 孔版と四つに大別されます。
口版印刷は画線部が凸状になっている版に、インキを 着けて印刷する方法の総称で、活字を主体にした活版、 そして文字・画像処理システムと組合せた感光性樹脂凸 版などがあります。
凸版印刷の鮮明で力強い 印刷ができます。主に名刺や案内状、高級美術書などで使われている方式です。そのほか、ビジネスフォームの 一部やシール・ラベル、段ボール、製袋の 印刷、また壁紙や建材などなどにも使われて います。 反対に、 凹版印刷は版の凹部に インクを入れて印刷す る方法です。インクに光沢があり、色に深みが出たり、微 細な線の印刷が可能になることから、偽造防止の観点もあって、紙幣やパスポー ト、郵便 切手などに利用され、写真集・ 美術書の印刷にも使われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です