印刷業務のIT化

印刷会社におけるIT化は、DTPなどの製作現場だけでなく、生産管理全般にもおよび、生産管理者にも、 ITスキルというものが要求されています。
まず営業段階においては、「見積管理」として、 一般印刷、頁物、ビジネスフォームなどの種別に対し、単価設定 などを行います。

次に、無事受注が決まった場合には、「作業指示書管理」や「受注・販売管理」のシステムを動かし、受注情報をもとに、製造から出荷までの一連の流れに必要な作業指示書や外注依頼書などの発行や管理を行います。

同時に、工程別日程計画や工程別社員・機械別の日程、部門別の損益把握、工場での動作分析、各物件ごとの原価 などを分析します。
完成、納品後は「在版管理」として、版の保存や「資材 在庫管理」なども行います。
そして、これら生産管理のシステムは、営業日報などと連動して、顧客管理や財務管理など経営者向けの管理資料に活用されていくという流れです。

また、DTPは多種多様なデジタルコンテンツを生み出してきました。
それに併せて営業の現場においても、たんに受注生産型の商品から、自社のデザイン力や企画力を売り物にする提案型の商品・ サービスの首業形態に変ってきました。
同時に紙を媒体とした印刷物に留まらないマルチメディア対応が必要とされ、webコンテンツの制作や電子書籍・カタログなどの提案も必要となってきました。
そのため、営業担当は職務として代金回収やクレーム処理、アフターフォローなど営業事務として役割も担うようになってきています。
さらに、近年オンデマンドが中心になるにつれ、営業先も地域が拡大したり、ネットによる受注も増えていることから、営業のスタイルも大きく変わっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です