基本に立ち返る

サンプルで添付する原稿というものは、選考の際に非常に重要視されるものであるため、本原稿と変わらず神経を使って作成するべきであると言えるでしょう。上手い下手は関係なく、主張やテーマのあり方が重要であるとはいえ、熱意ばかりが先走って、基本的な文章のルールなどが守れていないものは論外と言えるのではないでしょうか。主張やテーマから少し外れた記述が含まれている上、誤字脱字が酷かったり、言い回しが明らかにおかしいというような原稿では、選考の前に、編集者が読む気をなくしてしまうのでは無いでしょうか。本原稿ももちろんですが、サンプル用に書き換えるといった場合にも、余分な事は足さず、文章のルールや細かい部分の表現にも気を使ってまとめることが大切でしょう。奇を衒う事も、インパクトを与えるという面で否定はしません。しかし、それはまず、全体の不備などが無いか確認した上でのスパイス的な段階であると知っておくべきでしょう。しっかりと修正した上で、主張やテーマをぼかさないことが大前提にあって、それでもうまくインパクトを与えることのできる表現がある場合には組み込んでも良いでしょうが、できるだけシンプルにストレートに主張が伝わる、読みやすい文章を心がけて執筆すると良いのではないでしょうか。原稿を書くという行為の本質を見失うことなく、自身の主張をしっかりと伝えていくことが望ましいのではないでしょうか。サンプル原稿では尚更、コンパクトに主張が伝わるよう、読み手のことを考えてまとめることが重要でしょう。書き出しからテーマを主張していくことで、差別化という点もクリアし、個性を発揮していけるのではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です