構成と章

本にするための文章を書くということは、沢山書いて必要な文章量をこなすということではありません。人に読んでもらうために、どうやって魅力のある中身を作るかを考える必要があります。

書く作品のテーマやジャンルを決めたら、構成を考えましょう。構成は本の面白さを左右する要素です。本の内容が充実していても、構成が練られてなければ魅力が伝わりません。逆に、特殊な内容でなくても構成が良ければ読む人にとって分かりやすく親しみやすい本になります。 起承転結のメリハリをもった内容を起承転結の順番通りにもってきてもよいですし、結論からもってくる方法もあります。クライマックスとなるような転の場面から始まるのもいでしょう。書きたいテーマをどこからどうやって見せていくかを、試行錯誤していく中で構成が徐々に生まれてきます。作品の骨組みとも言える最初の部分なので、じっくり取り組みましょう。

構成がきまったら、次は章立てです。構成を細分化し区分したものが章です。章をいくつに分けてそれぞれの内容をどうするか、各章のタイトルは何にするかを考える作業です。 読者は目次の章立てで本の構成と内容をある程度判断します。本の魅力を簡潔に読者に伝える部分なのでとても重要です。内容の起承転結がハッキリ伝わるような章立てであれば、読者の興味をそそるでしょう。 各章の長さほぼ等量に分けましょう。

等間隔の区切りを作ることは読者にとっても読みやすいリズムを作ることになります。 フィクションの場合は章立てをしないやりかたもありますが、何らかの区切りがあったほうが読者にとって読みやすいものとなるでしょう。 短編集やエッセー集なら、1冊の本に複数の作品を載せることもあります。数名の作者の作品を掲載するようなときは、その順番を工夫する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です