プラスα

自費出版での売り込みの際、企画書とサンプル原稿とともに、プラスαで郵送するべきものがあることはご存知でしょうか。それは、この郵送物がなんであるかを示した「送り状」と、自身のプロフィールでしょう。ただ企画書とサンプルが送られてきて「審査をお願いします」の一言もないような売り込みは話にならないのではないでしょうか。審査していただくという姿勢を理解し、自身の企画と原稿を審査してくださいという内容の文章は必要不可欠でしょう。どれだけ企画や原稿が面白くても、そう言った基本的な部分の守れていない郵送物に目を通してくれるとは考えにくいでしょう。また、自身のプロフィールは、原稿の裏付けにもなる経験なども添え、どう言った人物が書いたものであるのかという判断にも必要になるため、できるだけ詳しく添付するべきでしょう。もちろん、連絡先も忘れないようにしましょう。これらは注意して添えるというよりは、ほとんど常識のような事柄でもありますが、こう言った書類の不備などは、作者の人間性の評価として編集者に伝わる可能性があるため、企画書や原稿同様、しっかりと準備しておくべきではないでしょうか。人間性を疑われて企画に目を通してもらえないという自体を避けるためにも、形式を守り、失礼の無いように売り込んでいくことが重要でしょう。といっても、堅苦しく考えるのではなく、シンプルで構わないので、ただ送り状を添付すれば良いというだけの事でしょう。少し常識をわきまえていれば何も問題はないでしょう。自身が何者であるかということと、検討してもらいたいということが記されていれば、形式などはあまり関係ないと言えるでしょう。謙虚な気持ちを忘れずに売り込むことがポイントと言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です