著作権の取り扱い

自費出版も、アマチュアが作った本だとしても、著作権は発生します。引用という形でなく無断で使用された場合など、こちらから訴え出ることも可能だと言われています。ただし、出版社との契約の元で自費出版をした場合、権利がどこにあるのか、利益がどのような分配になるのかを把握しておく必要があります。契約によっては、出版契約がある限りは別の出版社から出版することを禁じるという方法も多いそうです。もし他の出版社から「自費出版で人気を得ているので、自分の出版社から商業出版という形で出版させてくれ」と頼まれた場合でも、出版契約によっては契約期間が終わるまで許されない場合があります。契約期間が長すぎる場合は、その期間中はずっとオファーがあっても見送らなくてはいけなくなりますので、注意をしましょう。また、売れ残ってしまった書籍に関しての権利も明確にしておかなくてはなりません。考えられるトラブルとしては、売れ残った本を、出版社側で勝手に廃棄をするなどがあります。これを防ぐためにも、初めに出版社と契約を結ぶ段階で、中身をしっかりと確認しておきましょう。

自費出版したものが無断利用される場合はもちろんですが、逆に自費出版だからと無断で使用することも許されていません。例えば人の小説や詩をそのまま自分の作品として載せることや、写真やイラストを無断で挿絵や表紙などの使用することです。作品を通して利益を得ることは、絶対にしてはいけません。せっかく自費出版という形で本にするのですから、他人の作品を無断で使うなどの違法行為はご法度です。実際に出版されてから訴えられることはもちろんですが、そもそも出版の段階で断られてしまうことも多いそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です