小説の自費出版

自費出版で、小説を作りたいと考える人も多いそうです。小説は、様々な公募が行われていますし、出版社で持ち込みを受け付けている会社も多いそうです。結果が出るまで待てない、自分で自由度を高く作りたいという場合でなければ、自費出版の前に先に挑戦してみるのも良いかもしれません。

それでも自費出版で作るというと、やはりその魅力は自由度の高さです。公募の小説と言うと一般的な文章のルールに従った上で、指定のページ数や文字数を守らなくてはなりません。自分の書きたいものと一致していればそのまま応募をすることができますが、本当に自由に書いて賞の応募要項と一致するということは稀でしょう。自費出版では、極端ですが文字の大きさを自由に変えたり、今までなかったような書き方をしたりなど、制限がないのでやり放題だと言えるでしょう。また、自分で挿絵を挟み込むこともできますし、レイアウトも自由に定めることができます。今まで小説として扱われにくかったジャンルに挑戦するのも良いですし、その内容も自由と言えるでしょう。シナリオライターなどの職種を目指している場合、自費出版で作成した本は自分の実績とすることができますし、作品提出を求められた時にもしっかりとした体裁になっているものを用意することができます。あくまで趣味で終わらせても良いですが、本をつくるほどの意欲があるというアピールは、目指す分野によってはそのまま力になるとも言えるでしょう。

また、実際に販売をしてみて自費出版から大手出版社に注目されて有名作品になったというパターンもあるそうです。売れるか売れないということを意識し過ぎず、自分の書きたい小説を書くというのが一番良いのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です