販売目的の自費出版

自費出版で本を作成して、本を販売したいと考える人もいるかもしれません。しかし、自費出版をしたことで、自動的に書店に並ぶというわけではありません。書店に置くためには、出版社側で販売経路を確保してもらう必要があります。そもそも自費出版を行う出版社を選ぶ段階で「書店流通を行う」と明言しているところを選ばなくては、ただ本を制作するだけになってしまいます。

また、本を制作する費用と売上を考えた時には、まず赤字になると考えた方が良いでしょう。自費出版は、費用が掛かります。本を制作する費用と、販売冊数×単価を考えた時、大量の冊数が売れて初めて黒字になることに気が付くと思います。本を売るにも、有名作家が書いた本ですら冊数を売るのは難しい時代と言われています。自費出版で作った素人の本は、更に手に取ってもらうのは難しいと言えるでしょう。本を置く書店側も売上が難しいことは分かっているので、冊数を少なく置いてしまうそうです。

もしも売上だけを目的にしている場合は、何かしらの工夫をしなくてはなりません。例えば、紙媒体の本にするのではなく、電子書籍として売り出すこともひとつの方法です。電子書籍は紙媒体でない分印刷代が抑えられますし、人件費も安くなります。在庫を抱え過ぎる心配もないので、リスクが少なく販売をすることができます。

費用の面だけなく、売上を伸ばすための宣伝を自力で行うという方法もあります。出版社によっては、自費出版した本を宣伝してくれるところまでセットに含まれている場合がありますが、基本的には少ないようです。現在はSNSで宣伝を行うなど、個人のレベルでも様々な工夫を行うことができます。売り上げを伸ばすための工夫を考えてみても良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です