自費出版の成功に向けて

自費出版が軌道に乗るためには、当然ながら書籍の内容がレベルの高いものでなければなりません。それに加え、マーケティングを続けることを厭わず、運も味方につけることで、いよいよ生活できるだけの利益が舞い込むのです。このように説明すると、自分にはハードルの高い分野だと諦める人もいるでしょうが、誰にでもチャンスがあることは間違いないのです。そのチャンスに掛けられるだけの熱意を本に向けられるかどうかが、第一に問われる条件だと認識しましょう。
成功するためには、出来る限りメソッドから外れないように、手順の一つ一つを確実に実施していくことが求められます。手順の骨子としては、市場調査、丁寧な執筆、外装のデザイン、データの準備、マーケティング等が挙げられます。これらを億劫だと感じるようでは、向いていない可能性が高いでしょう。ただ利益を追求しないのであれば、自費出版を試してみるのは自由です。利益を度外視した出版は自由度が高く、人によってはそちらを選択する方が望ましいことは確かです。また利益以外の視座で自費出版を捉え、独自の理論を展開しているサイトは山のように溢れていますから、それらを参照してみるのもよいでしょう。自費出版を手掛ける会社や個人と繋がり、情報を共有することが出来るかもしれません。
 但し、はっきり言えるのは、最終的な責任は、自分自身に帰されるということです。出版社であれば、編集であろうが、営業であろうが、マーケティングであろうが、ミスは会社が負うことになります。しかし自費出版の場合、後ろ盾は全くありません。メソッド通りに行うことは基本ですが、時には自分自身の勘を信じなければならないこともあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です