許可証について

古物商営業許可証というものを取得するまでには、やや長い時間がかかるようで、1か月以上がかかってしまう場合もあるという風に言われています。そして、最近ではインターネットで古本などを売る人も増えてきたことから、ホームページなどを用いて古物取引を行う場合には、 URL などを届けなければならないという規制項目が増えたということも忘れてはならないことの一つであるという風に言えるわけです。残念ながら、このような規制を知らずに、出店を行ってしまえば、法律に明確に違反していることにもなりかねませんから特に注意をしなければならないという風に言えるでしょう。また、お店を出す側ではなく利用する側としてもきちんとそのお店が許可証を届け出ているかどうか、ということも注意をしてみておかなければならないポイントであるということは確実に言えるかもしれません。また、法律でも非常に厳格に決められているため警察署などに行って URL を届け出るための用紙などをもらうなどして、 手順を進めることが求められていることは間違いないと言ってしまっていいかもしれません。やや、離れるかもしれませんが、古物商許可証が必ずしも必要でない品目も存在しており非営利目的で自分自身が使用しなかったものなどを売りたいという場合には、許可の申請を一切しなくても大丈夫な場合もあるというふうに聞いたことがあります。大学や地方自治体や公園などで開催されているフリーマーケットなどは、これに該当するものであるという風に言えるのではないかと考えられるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です