自費出版と流通

 自費出版という性質上、初心者がよく分からないのが、納本以降の流れです。業者によって流通戦略は様々ですが、費用と売上利益の配分については、どの業者もきちんと説明する責を負っています。広く見られるのは、売上利益の中に「流通手数料」が含まれるという形式です。つまり自費出版は商業出版とは異なり、原稿料、印税といった概念が存在しません。著者の手元に残るのは、売上利益から流通手数料を差し引いた残額ということになります。
 ただこうした取り決めは事前に行われるものの、途中で契約内容を変更したくなることもあるでしょう。ありがちなのは、ページ数や部数が大きく変わってしまった結果、手数料も変動してしまい、著者が心変わりするケースです。もちろん出版自体を何らかの理由で中止することもあるでしょう。いずれにしろ、契約内容を変更するとなると、違約金等が発生する可能性もあり、トラブルに発展することだけは避けたいものです。
 さて、初心者としては、費用の内訳を細かく知りたいのは当然でしょう。大別すると、印刷費、製本費、流通経費といった、分かりやすい経費で構成されていますが、その他にも雑多な費用が存在します。例えば、編集費、デザイン費といった項目が出版社から提示されることもあるため、予め調べておいた方が良いでしょう。打ち合わせの際に怪訝な顔を見せて相手を困らせるのは、あまり望ましくありません。
 打ち合わせの雰囲気は出版社によって様々ですが、ビジネスライクだからといって著者が不利だとも限りませんし、逆に原稿を褒めてくれるからといって費用負担が軽減されるわけでもありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です