出版社の探し方

自費出版に際して最初にするのは、出版社を探すことでしょう。原稿が手元にあろうとなかろうと、事を運ぶためにも、なるべく早く連絡することが推奨されます。最近は自費出版を手掛けている出版社も増えていますから、ネットで検索すれば、簡単に発見することが出来ます。逆に出版社の数が多過ぎて、選定に迷うことになるはずです。どうにか一つに絞ることができれば、次は原稿を出版社に送ります。しかしこの時点で疑問点が解消できていることが前提となります。自費出版は著者が費用を負担する方式ですが、実際の製本プロセスや流通に乗せる作業は、出版社のアドバイスや作業の助けを借りることになります。従って、経験の浅い出版社に依頼してしまうと、後悔することになり兼ねません。原稿を送る前に、不安に思うことは忌憚なく問い質すようにしましょう。
 出版社の特徴については、ネットで調べることも出来ますが、定期的に相談会を開催しているところも少なくありません。そうした機会を捉えて、その出版社の雰囲気や社員の性格等を調査すると、失敗することは無いでしょう。逆に失敗する例としては、インターネットの情報に頼り切ってしまい、相性の良くない出版社と契約してしまうケースです。例えば、掲示板に書き込まれている情報は、信用しない方が無難です。どうしても遠出できず、インターネットのみを情報源とする場合は、必ず複数のサイトで真偽を確かめるようにします。複数のサイトで述べられていることに関しては、ある程度の信憑性があると考えられるからです。
 出版社に対する調査は、色々な方法があります。初心者が見落としがちなのは、その出版社の過去の作品を読むことです。実際に上梓されたそれらを読むことで、参考になる情報を仕入れることが出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です