1流作家の特徴

1流作家か否かは、ヒット作の売り上げ部数のみで決まるものではありません。編集業界でよく言われるのは、作家として活躍できる期間が長期にわたること、幅広い仕事に対応できることが成功の秘訣だということです。裏を返せば、こうした特徴を具えていない作家は、1度ヒット作を生み出したからといって、1流にはなれないということです。全ての作家に言えることですが、売れてからが本当の勝負です。ヒット作を出すと、出版社から丁重に扱ってもらえるようになり、偉くなったような錯覚に陥ります。しかし有名になってから傲慢な態度を続けると、出版社から嫌われ、第2、第3の出版に協力してもらえなくなります。成功の陰には、必ずお世話になった人が何人も存在します。彼らに対する感謝を忘れず、作家としての能力に磨きを掛けることが大切なのです。  確かにベストセラーの影響は大きいもので、色々な仕事が舞い込むようになります。1流作家はたとえ自分の専門外の仕事であっても、オファーを受けられるものだと言われます。それだけ謙虚な態度に終始するからこそ、出版社に見切りを付けられず、作家としての活動が長続きするということでしょう。売れた途端に独立しようとする作家は、大抵失敗して2流作家に落ちぶれるものです。  そもそもベストセラーに対する評価は、出版業界でシビアに行われます。1度売れたからといって、その作家の息が長いとは考えていないのです。ベストセラーの中でも、特に社会に大きな影響を与える作品は高く評価されます。これまで世に送り出された例を挙げると、「婚活」、「断捨離」等があります。これらは社会の仕組みそのものを根底から変え得る影響力を持っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です