自費出版の本の販売ルート

自費出版で出した本の主な流通ルートには、リアル書店、ネット販売、著者直販があります(注意:個人出版の場合①のルートを使えないことがほとんど)。リアル書店で販売されている自費出版の本は、①書店が取次会社(出版社と書店の間を取り持つ卸業者)を経由して仕入れた本、②書店が出版社に直接注文した本の、いずれかです。①の場合、どの書店に何冊配本するかを決定するのは取次会社です。出版社等から「この本はどこそこの有名書店に何冊配本してください」と依頼することはできても、取次会社が聞き入れてくれるわけではありません。②の場合も、出版社から直接書店に営業をかけることができたとしても、注文するかどうかを決めるのは書店側です。したがって、リアル書店で販売してもらうには、取次会社や書店が「この本は売れる」あるいは「この本を世の中に出したい」と思うような本を作ることが重要になってきます。ネット販売はネットショップが主なものです(ISBNコードを取得する必要があります)。出版社の中には、自社のホームページで販売しているところもあります。また著者が自分のサイトでネット販売することもできます。著者直販は、前述したように著者が自分のサイトでネット販売するほか、著者主催のセミナー・講演会などで販売しているケースも多くあります。以上、オーソドックスな流通ルートをご紹介しました。この他に、全国の公共図書館・学校図書館・専門図書館の受託運営などを行っている企業があります。そこが購入を決定した場合、多数の図書館に納品することになるため、かなりまとまった注文が入ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です