本を書く前に「自分の棚卸」を

「自費出版」を行うにあたっては、まず自分はどんな本を作りたいのか、明確なビジョンを持つことが大切です。まずは自分の人生の棚卸しからはじめてみましょう。自分がこれまで歩んできた人生を振り返り、自分は何を考え、どんなことをしてきたのか、自分が経験したことの中から気づいたこと、学んだこと、学んだ結果、自分自身にどんな変化があったのか、思い出してみるのです。ただし、ただ「思い出そう」「思い出そう」とがんばっても、なかなかうまく行かないものです。そこでお勧めしたいのが、自分のライフヒストリーを年表にすることです。まずはパソコンあるいはノートに7列×自分の年齢と同じ数の行の表を作成してください。表の1列目のマスに、左から①西暦・和暦②年齢③学歴・職歴④ライフイベント➄趣味・資格➅健康状態➆備考と合計7つの項目を記入します。2列目以降から①~➆の各項目について記入していきます。①の「西暦・和暦」欄には生まれてから今日までの西暦と和暦を順番に記入します。②の「年齢」欄には左の欄に記入した年の自分の年齢を記入しましょう。③の「学歴・職歴」欄には、その年・年齢のときに通っていた学校・学年、あるいは勤め先・配属先・異動など職場環境の変化を記入します。④の「ライフイベント」欄には、入園・入学、引っ越し、就職、結婚などの節目や、人生の転機となった出来事を記入します。➄の「趣味・レクリエーション」欄には学生時代にやっていたクラブ活動、趣味の活動、習得した技能・資格などを記入しましょう、➅の「健康状態」欄には自分がかかった病気やケガ、あるいは健康のために心がけている習慣を記入します。➆の「備考」欄には、③~➅以外のことで思い出したことや気づいたことを記入します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です