出版コンサルを使った自費出版

自費で本を出したいけれど、印刷業界には不案内で、全て自分一人で取り仕切る自信もないという人には、「出版コンサルティング」会社を利用するという方法があります。どのような本に仕立てていけば良いか、どのような企画書を作成すれば出版社で認めてもらえるか、プレゼンはどんなふうにすればいいか、等々教示してもらえます。そのような基本を踏まえておけば、以降の次回出版にも利用でき、継続で出版できるかもしれません。ここまで聞くと良いことずくめに思えますが、いかにアドバイスを受けたとしても、必ずしも出版が保証される訳ではありません。出版コンサルティングとうたっているからには、それなりのコネも出版会社にあるかもしれませんが、最悪の場合、コンサルティング料は支払ったけれど、結局出版には至らなかったということもあり得ます。ちなみに、コンサルティング料の相場ですがもちろん依頼する範囲にもよりますが、数十万円から数百万円と言われています。あわよくば、出版できたとしても、3,000部程度では、とても割に合わないかもしれません。よほど、作品に自信がないと、この方法は厳しいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です