どう作りどう売るのか

自分なりに考えをまとめていきたいと思います。出版マーケティングやマーケティング出版、または書籍出版マーケティングなどと呼ばれている、本の出版とビジネスを結びつけた関係性は、私達の可能性を幅広く広げ、新たな展開へのビジネスチャンスへと導いてくれる掛け橋となるようなのです。このような説明では、なんのこっちゃと思われるかもしれませんが、本を出版する事で、皆さんの評価が上がれば、それだけでビジネスチャンスに出逢う確率が増える、という考え方に近いのかもしれません。皆さんが本作りをする際、どのようなテーマで書籍を完成させるにせよ、その本が出版され、店頭やサイト上に並ぶ事で名刺代わりとなって、本を手にした人々に皆さんを売り込んでくれるという自動システムが出来上がってしまうのです。ビジネスにおいて、自分自身をよく理解してくれるビジネスパートナーや支援者が、周囲に集まってきてくれる事は、様々な可能性を広げる石杖となりそうですよね。ですが、ここで1つ問題があります。どのように「本」を「出版」して、どう「売る」のかという点です。これは、なかなか簡単に乗り越えられるハードルではなさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です